沖縄本島 久米島 八重山(石垣島) 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山
次の一覧
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    久 米 島         


<渡航時期> 2010年5月



少し頼りないシーサーが南国へと案内してくれる。奥さんが子供時代に過ごした島へ里帰り。





"はての浜"と呼ばれる珊瑚でできた無人島。確かに、誰もいない何もない、日本のはてまでやって来た。





真っ白な砂浜は、空や海の美しさを一生懸命伝えてくれる。





海は緑色。知らなかった景色が新たな見方を作る。





何度も優しく繰り返す、心地の良い子守唄。





人はいなくても、この島を守る住人はちゃんといる。





充分すぎるほどきれいな海に、充分すぎるほど華やかな色が加えられる。





下で見て美しい場所だから、上から見たって美しい。





今から竜宮城にでも向かうのかな。





久米島の横にある奥武島(おうじま)。今は橋があるけど、昔は竹馬で島に渡っていたそう。





ビーチに居たかと思ったら、切り立った崖の上。小さな島にはたくさんの自然が凝縮される。





沖縄で一番高い場所にある城の跡。でも、遺跡より眺めの良さに惹かれてしまう。





のぞき穴からこっそり覗くと、大海原に波が舞っていた。





250年も生きてきた松。退屈しないように話し相手を探しているのかな。





世の中は複雑すぎて知らないことが増えていく。ひとつ生きる為の知識を取り戻す。





車通りも人通りも少ないけど、ハイビスカスが華やかな通りにしてくれる。





学校帰りにサトウキビ畑を抜けて誰もいないビーチで遊ぶ。コンクリートに囲まれた生活より断然うらやましい。





小島よしおのお母さんがやっている喫茶店。シンプルなメイン通りだけど、さすがこの店だけは人が入っている感じ。