沖縄本島 久米島 石垣島 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山
2ページ目
沖縄本島 久米島 石垣島 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山 白川郷 飛騨高山 富山 群馬 日光 ロシア 中国 韓国 台湾 アメリカ ページ1 ページ2
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    久 米 島         

<渡航時期> 2010年5月



少し頼りないシーサーが南国へと案内してくれる。奥さんが子供時代に過ごした島へ里帰り。





"はての浜"と呼ばれる無人島。確かに誰もいない何もない、遠いはてまで来てしまう。





唯一知っている空の色が、ギリギリ現実をつなぎとめる。





日本一美しいビーチに選ばれる。でも人は居ないし、日本一日本っぽくない場所かな。





スケルトンの波は、砂をサラサラと転がして遊ぶ。





人が居なくても、この島を守る住人はちゃんといる。





黄色い経年フィルターを通しても、衰えを知らずカラフルな世界を見せつける。





下で美しいなら、上も美しい。





助けてないけど竜宮城へ。





今は車。昔は竹馬。隣の島へ渡るための手段を、小学校の授業で練習する。





小さな島にはたくさんの自然が凝縮されている。





沖縄で一番高い場所にある城の跡。遺跡より眺めに夢中。





まるで絵画のように、額縁の中で波が舞う。





地をはう松。地球という器にリアル盆栽。





世の中に知らないことが増えていく。だから、ひとつずつ取り戻す。





レンタカーで思い出を上書きする旅。ハイビスカスを華やかな記憶に付けたす。





学校帰りにサトウキビ畑を抜けて誰もいないビーチで遊ぶ。それを贅沢だと思う人もいれば、普通だと思う人もいる。





人通りの少ないメイン通りだけど、そんなの関係ねぇってこの店だけはお客さんが入っている。