沖縄本島 久米島 八重山(石垣島) 清里 京都 奈良 神戸 丸亀 広島 石見銀山
次の一覧
           T O P     >>     T R A V E L     >>    東 ア ジ ア    >>    日 本    >>    沖 縄 本 島         


<渡航時期> 2010年5月、2011年7月、2014年3月、2015年9月



2000円札にも描かれる守礼門。お札は存在感が薄れても、本物は力強い存在感で歓迎してくれる。





深い赤で染められた建物は、南国の真っ青な空に似合う色。





鮮やかな王の間にはたくさんの龍がいる。王様は願いを叶えるために、7つのボールでも集めたのかな。





見たことのない城と聞いたことのないセミの声。暑い日差しの中で沖縄らしい景色を作ってくれる。





首里城の裏に残る石畳。止まらない汗をぬぐいながら過去へタイムトリップする。





色とりどりのきれいな花が出迎えてくれる。





強烈な日差しをあびて、どしゃ降りの雨をあびて。雨にも負けず、風にも負けず、静かに歴史を刻む。





沖縄で1番神聖な場所は、沖縄で1番大自然の力を感じられる場所。





かつて中国の使者を迎えた迎賓館。日本と中国の狭間で揺れた王国。学校で習わない歴史もおもしろい。





国際通りはお土産屋さんだらけになって、観光客通りに変わる。





珍しい食材が並ぶ南国の市場。雰囲気はまさに東南アジアの市場そのもの。





途方もない時間が造りだす。どうか今だけは落ちてきませんように。





出会うことのなかったサメと壁一枚で目を合わす。でも、どんなに近づいても仲良くはなれないな。





荒々しく波がはじける断崖絶壁は、夕暮れにキラキラ輝く優しい姿を見せる。





真っ白な灯台は海の人に陸を知らせ、陸の人に美しい海を知らせてくれる。





人口200人ほどの久高島(くだかじま)。琉球王国時代から続く聖地で、今も昔ながらの生活が残っている。





何かを期待させてくれる道。進んでいくと、期待通り目の前が青く広がった。





誰も居ないプライベートな海。そもそも島自体がプライベートだけど。





あちこちで南国らしさを目一杯に主張してくれる。





海の中を走る道路を抜けると、広大なサトウキビ畑とエメラルドグリーンの海が待っている。





海外にも引けをとらないビーチリゾート。日本にもあったんだな。





戦闘機で騒々しい嘉手納基地。





輸送機で騒々しい普天間基地。





普天間基地への着陸。





地元の人の憩いの場は、飛行機好きにもたまらない場所。





那覇空港への着陸。





知念半島には海を臨むおしゃれなレストランがたくさん。値段は安くてもちょっと優雅な気分。





そりゃ、地元の人と観光客が行きたい場所は違うはず。





海外で見かけるバーガーチェーンの"A&W"。やっぱりコーラの味が苦手すぎる。





元祖タコライスの店は、日本中に広めるだけのおいしさを持っている。





ヤギがいる景色。なんだか文化の違う世界にやってきた。