カリマバード ウルタルメドウ パスー ユンズバレー チラス ギルギット カラコルム・ハイウェイ ラホール ラーワルピンディー
           T O P     >>     T R A V E L     >>    南 ア ジ ア    >>    パ キ ス タ ン         

 パキスタン情報  

首都   イスラマバード
国土   日本の約2倍
人口   約1億8000万人
年収   約35万円
宗教   イスラム教97%
こんにちわ  アッサラームアレイクン
渡航時期  2005年5月
渡航回数  1回

 パキスタンへの道のり

インドへ行くことが決まり、ついでに近隣諸国で魅力的な場所がないか探していました。

そうしたら、パキスタンに宮崎駿の”風の谷のナウシカ”の舞台に似た場所があることを発見。さらにヒマラヤ山脈に接した山に囲まれた国。
ジブリファンで、トレッキングも大好きなので、ぜひ行ってみることに決めました。

ただ旅した頃は、情報を集めようとしてもなかなか良い情報源がありませんでした。なので、いくつか書いてみます。


"地球の歩き方〜パキスタン編〜"は今は発行停止中で、出版元のダイヤモンド社に問い合わせをしましたが、過去の版も店頭在庫分のみになるそうです。なのでもう手に入らないそう。(2007年後半にやっと"地球の歩き方〜パキスタン編07-08〜"が発売されました)

仕方なく英語が苦手ですがロンリープラネット社の"パキスタン・カラコルムハイウェイ版"を購入しました。内容は、写真は無いけどかなりの情報量です。


気候ですが、5月に行きましたがかなり暑いです。逆に、北方エリアは5月でもかなり寒いです。
夜は冷え込み、水シャワーだとまったく浴びれない。停電が多いので、ホットシャワー完備の宿でもお湯が出ないことが多々ありました。

軽装でトラックの荷台に2時間乗ったのですが、寒すぎて体の末端が麻痺してしまいました。カリマバードでは登山者用に装備品のレンタルをやっている店があります。


トレッキングはガイドを雇った方がいいかもしれません。
日帰りの軽いトレッキングですら雇わないと危険なコースだなと思いました。

ネパールのトレッキングとは違い、コースの途中に家がありません。なので道を聞ける人がいない。
さらに登山道も、歩いた跡が消えていてわからなかったりします。ロンリープラネットに書かれたコースも簡略したもので、とにかく目印がほとんどないので詳しく書きようがないのだと思います。

軽いはずのトレッキング中に亡くなられた旅行者もいるようで、地元の人も稼げるから、ホテルなどで尋ねればすぐ雇えるはずです。


交通はバスが発展しているので不自由がありません。
ただ北方エリアのカラコルムハイウェイとかは危険な道かもしれません。落石が起きているところが何ヶ所もあり、雨が降ると滝になって道に流れていました。
旅した当時は、山賊が出没する地帯があり、バスの前と後ろに警察車両。さらにバスの中にもライフルを持った警備員が乗って護衛をしてくれました。

フンザ近辺ではアリアバードを拠点にすると交通は便利です。アリアバードからラワールピンディー行きの長距離バスが出ています。カリマバードへはスズキ(乗り合いタクシー)で20分ほど。日中は頻発しています。



初のイスラム圏への旅行。
とにかく、今まで大きな勘違いをしていました。

ハリウッド映画とかでは、たびたびイスラム教徒が悪役を演じています。それを鵜呑みにしてイスラム教は怖いというイメージを持っていました。ほんの極一部に危ない思想の人達がいるのかもしれませんが、ほとんどすべての人は、教えの通りに異教徒だろうが親切に接してくれます。
親切すぎて逆に疑ってしまうほど。ただ、いつも純粋な親切だったことを後で知り、疑ったことに後悔をしていました。


観光客があまり多くなく、情報などが入りずらく不安かもしれませんが、それ以上にパキスタンは自然も人もすばらしいところでした。
北方エリアも昔の小説、ジェームズ・ヒルトンの”失われた地平線”で、最後の楽園、シャングリラとして描かれています。ぜひ、訪れて全身で秘境を体験してみて下さい。