カリマバード ウルタルメドウ パスー ユンズバレー チラス ギルギット カラコルム・ハイウェイ ラホール ラーワルピンディー
カリマバード ウルタルメドウ パスー ユンズバレー チラス ギルギット カラコルム・ハイウェイ ラホール ラーワルピンディー 中国 インド イラン
           T O P    >>   T R A V E L    >>   南 ア ジ ア   >>   パ キ ス タ ン   >>   パ ス ー         



パキスタン最奥の地は素朴な村と山と氷河、それ以外には何もない。でも、それだけで充分素敵すぎる場所。





すべてが大き過ぎて頭の中は完全に麻痺してしまう。ここも富士山と同じ位の、標高差3600mもあるなんて思えない。





パスーの村は、100家族800人ほどの人口。だから全員の顔がわかるそう。東京じゃ隣人の顔も知らなかったりするけど。





素朴な生活で暮らす人々。都会と比べて不便だとしても、何百年も続いてきた知恵と幸せがあふれている。





ダイナミックに、そして繊細に表情を変えていく。自然が創り出す作品にただただ見とれてしまう。





200メートルほどのつり橋で、風が強い日は絶対渡ってはいけない。気分はインディジョーンズ。





地元の人にとったらなんとも無いんだろうけど、こっちは命がけ。





何を信じればいいのかわからない。小さな一歩だけど、とても大切な一歩。





パキスタンと中国を結ぶカラコルムハイウェイ。あと数十キロ進むと、中国との世界一標高の高い国境が待っている。





道路は車が走る場所。この常識はここまで奥地にやってくると、もうあんまり残っていない。





道路から氷河が見える。道路からコンクリートジャングルを見るのに慣れているから、ちょっと刺激的。





いつの間にか7000mの山々に驚かなくなっている。だけど、いつ見たって絶景なのは変わらない。





青と白と緑が美しい。こんな普通のことだけど感動してしまう。





フンザ川と山々。氷河の水が流れ込んでいるから、そりゃ冷たいはずだ。(音声はなし)