カリマバード ウルタルメドウ パスー ユンズバレー チラス ギルギット カラコルム・ハイウェイ ラホール ラーワルピンディー
カリマバード ウルタルメドウ パスー ユンズバレー チラス ギルギット カラコルム・ハイウェイ ラホール ラーワルピンディー 中国 インド イラン
     T O P    >>   T R A V E L    >>   南 ア ジ ア   >>   パ キ ス タ ン   >>   ウ ル タ ル メ ド ウ   



ウルタル渓谷にある牧草地を目指し、4時間ほどのトレッキング。絶景に囲まれた道だから、疲れなんて感じる暇がない。





危険をなくす事を大切にする社会。日本では正しくても、ここでは柵は似合わない。あるがままの断崖絶壁に圧倒的な力を知る。





登り道の跡がなく、さらに滑りやすい急な砂利道。横には氷河も流れ、ガイド無しだと厳しい道のり。





渓谷にメキメキという音がこだまする。動きを見せない氷河だけど、確かに新たな時を刻んでいる。





急な坂を登っていると、突然平らで緑が広がる場所に出る。静かに振り返る。いつの間にか天国に迷いこんだみたい。





巨大な地球上のこの場所に創られたこの景色。訪れる事ができた奇跡を心の底から感謝する。





ここは贅沢な牧草地。こんなすばらしい景色を前に暮らせるなんて絶対幸せ。





日本だと少し不快に感じる乳牛の臭い。ここだととても心地よい匂いになってしまう。なんだか不思議。





もし雲がなければ、垂直に7388mのウルタル峰がそびえていた。こうやって、もう1度訪れたい場所が増えていく。





生き生きとした緑色に黒いウルタル氷河が迫る。怖いくらいの迫力で自然の力を見せつけられる。





深い谷の中にポツンとたたずむ牧草地。まわりは氷河が顔をだし、ここがなんだか特別な場所に見えてくる。